担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
第15回目「航空母艦赤城」制作レビュー
すずき&岡D:週刊赤城を作る第15回目になりまーす

すずき:なんで、一緒にΣ(・ω・`)

岡D:いやたまたまですが、15回もやっていると自然と息がぴったりと合うものですね!

すずき:そ、そううですね(^^;
それはそうと、週間「赤城」がだんだんと書店に置かれなくなってきているようですね。

岡D:そうなんです!
何を隠そう私たち、今まで某カメラ店で予約しないで一冊づつ買っていたわけでして。

そしたら15号がなくて、それに気づかずに間違えて14号買っていて……(^^;
もうビックリですよw







岡D:まずは、パーツの確認です。
まずは艦尾の先端。次に25mm連装機銃(右前)の手すり。そして20フィート通船になります。




【艦尾】

すずき:このところ木製パーツの比率が高くなってきましたが内容としては前回同様、
パーツの積層になります。

基本的には前回の船首と同じ様に作業なのですが、決定的に違う場所があります。



岡D:え? どこですか?(-ω-`)?

すずき:支柱となる棒が今回は1本なんです。
なのでパーツ同士、ズレやすいのでそれなりに注意が必要です。



岡D:なるほど。確かにそうですね。


すずき:目安としては本体にハメ込むための隙間を基準にしていけばズレずにすむかと思います。



岡D:今回は小さくまとまりましたね。



すずき:そうですね(・ω・`)
残った棒はニッパーで切り落とします。



岡D:あれ? 一番上のパーツが少し沿ってるみたいなんですが…
これは?(^^;



すずき:げ……っ(´・ω・`)
一番、上のパーツは木工ボンドの影響で沿ってますね。
……見事に口を開ている(・ω・`)

ひとまず何か重石的なもので固定しないとマズイですね。
なにかー……、そこのスピンドルをのせてみますか(^^;



岡D:意外とのっかりましたねw(^^;

すずき:とりあえずこのまま乾くまで様子を見ましょう(`・ω・´;)



【20フィート通船】
すずき:これは基本的にバリ取りの作業だけですね。
バリの位置も説明書の通りです(`・ω・´)



岡D:では、さくさくやっていきましょう!!



すずき:終了です。
何だろうこの物足りない感じは?w(^^;



岡D:まぁ、今回のメインはここではないので(^^;
ちなみに今回も色を塗らない次にいきましょう!!



【25mm連装機銃(右前)の手すりパーツ】
すずき:ここでは前回、作った「25mm連装機銃」に手すりパーツをつけていきます。

岡D:以前、艦橋に手すりをつけたときと同じような感じですね。
すずき:そうですね。
加えてここでも塗装は後回しにしていきます。



すずき:まずは手すりをナイフで切り分けていきます。。
今回は○cmなどの長さではなく、パーツ下の玉の数で長さを決めていくので
誤差はほとんどないと思われます。



すずき:残った手すりは予備もしくは次回以降も使うかもしれないので大切に保管しましょう。



すずき:手すりを切り分けたら、該当の箇所にあうように押し当てて形を整えていきます。








すずき:丸みのある箇所は押し当てるだけではうまく形を作れないと思うので、
ヤスリの柄など丸い棒を治具がわりにするといいかと思います。






すずき:今度は反対側を作っていきます。
ここは少し難しいので根気よくやっていきましょう(`・ω・´)






すずき:ある程度、形ができたら接着材で端からつけていきます。




すずき:さて、最後にピンセット使って出っ張っている所を斜めに折り曲げます。





すずき:曲げたら最後、接着剤で固定してで完成です。今回は、手すりうまく作れたと思います。





岡D:手すりの取付はいろいろやりましたからね(^^;



【船尾・続き】

すずき:さて、木製パーつに戻ります。

岡D:いよいよ、今回の山場ですね!(`・ω・´)

すずき:げ……っ(・ω・`)
若干、くっついてない……



岡D:あ~、くっ付いてないですね。
どうします?(^^;

すずき:……(・ω・`)



割ります(・ω・)

岡D:え?(;゜д゜)

《パキ



岡D:あぁ……(^^;
ハデにやりましたねw

すずき:とりあえず割ったところにボンドを塗りなおして、もう一度接着します。



岡D:何とかなったようですが、この方法はおすすめできないですね(^^;

すずき:接着剤が乾いたら割った面に軽くヤスリをかけます。

岡D:意外と割ったところが気にならないですね(^^;

すずき:それでは全体を削っていきます。
まずはカッターナイフで外側を削り出していきます。



岡D:カッターを使うので扱いに注意してほしいですね。
それにしても……人がカッターを使っている所を見ていると危なっかしいな(゜д゜;)

すずき:そうですかね?(^^;
あと場所にあわせてアートナイフを使ってもいいと思います。



岡D:あまり削れていない感じがするんですが、
刃が悪いんですかね?(´・ω・`)

すずき:いえ、カッターで多く削れるからとはいえ、
一度に刃を入れていくとミスやケガにつながるので(^^;

岡D:い急がずに確実にって感じですかね(`・ω・´)

すずき:そうですね(`・ω・´)
それなりに削れたら紙ヤスリの出番です。



すずき:紙ヤスリで削る前に、下準備として大雑把でもいいので削り出す形にアタリをつけていきます。



岡D:ここで使うヤスリは何番ですか?

すずき:前回は80番でしたが、今回は秘密兵器を使います。
60番です(゜∀゜)



岡D:おお!(`・ω・´)
それってすごいの? ちなみに紙ヤスリって何番まであるの?(^^;

すずき:今までで見たことがあるものでは40番が最高ですかね。

さて、最初は当て木をせずに大まかに削っていきます。



岡D:240番とかとは比べものにならない威力ですね(^^;

すずき:これくらいガンガン削れるといい楽ですよねー(゜∀゜ )



岡D:説明書の写真を見ると茶色い部分がほぼなくなるまで削るみたいですね。

すずき:その辺が目安になりますね。
船尾を削るときの注意なんですが、一番上の9番の板を削りすぎないように
削るのがポイントになるかと。
あんまり削りすぎると内側に小さくなってしまうので(・ω・`)





すずき:一通り削ってこんな感じです。
ここまできたらヤスリを下敷きにして削っていきます。



岡D:当て木はなしですか?

すずき:そうですね。
ちょっと力技になりますが、一気に削り出したいときには有効です。
ただしパーつの状態をを常に確認するようにしないと、削り過ぎに気づかないことが
あるので注意が必要です。

岡D:やはり削り出しは一番時間がかかる作業ですね。

すずき:そうですね。
あと紙ヤスリはある程度、使っていると削りカスで目詰まりを起こすので
歯ブラシや布のガムテープで掃除するといいですね。



岡D:だいぶ形が見えてきましたね(^^



すずき:あれ……?
――なんか臭い?(-ω-`)?

岡D:摩擦熱でどこか焦げてるとか?(^^;
削り始めて30分くらい経ちますね~w

すずき:あ~、もうそんな経ちますか……(-ω-`)

岡D:この辺は気力との戦いですかね(^^;

すずき:ちょっと紙ヤスリ洗いたいな~(´・ω・`)

岡D:でもこの紙ヤスリ、耐水ペーパーじゃないよね?
ダ○ソーって書いてあるけど(^^;

すずき:まぁ、ものは試しに洗ってみます。

岡D:どう?

すずき:ダメでした(^^;
見事にヤスリの砂が落ちてるw

とりあえずペーパー変えますね。同じ種類の80番のペーパーです。

岡D:さて、気づけばトータル作業時間が1時間40分超です。
これが艦首のパーツだったら2時間くらいかかるんじゃ?(^^;

すずき:んー、もっとかかるかも(^^;

岡D:もう少し簡単にできる方法があるといいんですが……。
さぁ、どんな感じですか?

すずき:だいぶ形になってきましたよ。



岡D:今日は同じ写真お同じ構図しかないかも……(・ω・`;)

すずき:そんな岡Dに報告が(-ω-`)

岡D:え?

すずき:今使ってる紙ヤスリ、見てください。すごいですよw



岡D:ん? 薄くなってる?

すずき:ヤスリの部分がなくなりつつあります。
削っている面を触るとわかるんですが……



岡D:あーはあはは(笑)
凄いね。削ってきた場所つるつるだよ!(^^;

すずき:まぁ、これが木工ヤスリの正しい使い方ってことで(^^;
岡D:もしかして、さっきの焦げ臭いのこれが原因なのかな?w

というか、ここまで来ると意地で紙ヤスリ使ってたって感じですか?

すずき:そうですね(゜∀゜)
久しぶりにここまで使い込んだな!


岡D:だいぶ形になってきましたね。
おっと、あと5分で「削り始めてから」丁度、1時間です!

すずき:(^^;

そろそろ仕上げに入ります。
今まではカッターマットに紙ヤスリを敷いてヤスっていたのですが、
仕上げではヤスリを手に持ってヤスっています。

やはり手の感覚に勝るものはないので、最終的な仕上げ作業は直接触りながら
やることをおすすめします。
特に船尾パーツでは中心線があるので、しっかりと形状を確認しましょう!



岡D:なるほど(`・ω・´)
いよいよラストスパートですね!

すずき:よし! どうだ~?



岡D:おー(^^
だいぶいいんじゃないですかね~。せっかくですしフレームにつけてみますか?



岡D:いいですね(゜∀゜)

すずき:そういっていただけると嬉しいです(^^;
これで両端の長さがほぼ決まってきたので、次回からは外板貼りになるはずです(`・ω・´;)


岡D:なるほど。着実に形になっていきそうですね(^^
今回の作業はこれで終了ですね。長い時間お疲れ様です。





【今回使った道具】


○アートナイフ
○カッターナイフ
○瞬間接着剤
○木工ボンド
○紙ヤスリ・60番
○紙ヤスリ・80番
○ポスカ・赤

○金ヤスリ(1号付属)


連載:『赤城』をつくるぞ! | 【2010-07-01(Thu) 20:00:49】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。