担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
第9&10回目「航空母艦赤城」制作レビュー合併号
岡D:週刊赤城を作る!!
今週は遅めの更新ですか?

鈴木:立て込んでるんですねー。(-ω-`)

やれ連休とか、やれ連休明けだとかでやんや言われてるじゃないですか。
それの波が来てるんですよ。言い訳にしちゃいけない気もするんですけどねー。

岡D:……なるほど(^^;

鈴木:それに今回は9号と10号まとめてやりますしね(゜∀゜)

岡D:理由になっとらんぞ!(^^;
まぁ、GW明けですが張り切っていきましょう!!

鈴木:え? GW?
ジョージ・ワシントン?

岡D:はい?(^^;

鈴木:あぁ、何だ。ただのゴールデンウイークか(´・ω・`)
あの都市伝説ね。

岡D:(^^; (なるほど、鈴木くんの疲れがピークに……w)






dan_aka9-10_001.jpg

岡D:さて、まずは9号からやっていきま…うん?(-ω-`)?
……修正のおしらせ?(´・ω・`)

鈴木:……(´Д`;)
ドコデスカ?

岡D:えーと、4号で作業した艦首のライトパーツを「艦尾」にむけるっていう指示があったんですが、
これが実は「艦首」にむけるんですよ。サーセンwwwだそうです。

鈴木:おい、マジかよ(-ω-`;)

岡D:あれ、でも4号ってこの間、壊れた場所で少し自分たちのイメージで作っていた場所ですよね?
もしかして大丈夫なんじゃない?

鈴木:ん~、どうだろう。とりあえず4号の説明書と見比べてみましょうか。

――ん? これは、間違っていないのか?

岡D:写真ではあっているみたいだから本当に説明書の記述ミスだけみたいですね。

鈴木:写真だけみて作ってたからあっているのかー。
驚かせやがって!(゜Д゜)

岡D:なら早速、本来の9号の作業に取りかかりましょう!(^^;




9号【その1:船体フレーム追加パーツ】

岡D:9号ですが、なんか見たことがあるパーツが(^^;

鈴木:パーツ配分的に、しばらくは船体の木製フレームをくみ上げていくことになるのかな?

岡D:ま、いつもの様に借組みからですね

鈴木:そうですね。ところどころ噛み合わせの悪いところもあるんで、問題箇所などはナイフでバッサリいきます。

dan_aka9-10_002.jpg
岡D:今回は、船尾が中心ですね。

鈴木:そうですね。
作業も前回、伸ばしたところにさらに組み足していく形ですね。

岡D:前回にまして雰囲気が変わりますね。より船に近い感じです。


鈴木:木製パーツなんですが、24番のパーツバランスが難しいので斜めにならないように接着するときは注意しましょう。

岡D:バランスや位置を決めるときのポイントにたいなものってありますか?

鈴木:上から見てきれいに『十字』に重なっていれば問題ないと思います。
あともうひとつ、乾燥中にズレないようにするように注意しないといけないですね(・ω・`)


DSCN1137.jpg

岡D:やっぱりどう保管するかが問題になりますね。




9号【その2:防雷具パーツ】

鈴木:次は6号でも作った『防雷具』を作っていきます。

岡D:全く同じパーツってテンション落ちるよね~(´・ω・`)

鈴木::ま、その気持ちはわからなくはないですが、
一応、パーツの形状は少し違うみたいですよ。ほら。

dan_aka9-10_003.jpg
岡D:本当だ! 本当にちょっとだね(^^;

鈴木:大きな違いはベースの形だけですけどね。

とりあえず、さっさとバリ取りしていきます(-ω-`)

岡D:ベースが内側にゆるーく湾曲しているので金属の平ヤスリでは削れないですよね。
ここは紙ヤスリの出番ですね?

鈴木:そうですね。
あと細かいところは「割り箸ヤスリ」など使いながらバリを取っていきます。

dan_aka9-10_004.jpg
鈴木:こんなもんですかね。

岡D:バリ取りの箇所もほぼ一緒みたいですね。
なにか気になることとかあります?
dan_aka9-10_005.jpg
鈴木:ないっす!(`・ω・´)

岡D:ですよね(^^;
じゃぁ、次は10号に移りましょうか!



10号【その1:船体フレーム追加パーツ】

岡D:10号もまたパーツ少ないすね~(´-ω-`)

dan_aka9-10_007.jpg
鈴木:いいことです(´-ω-`)
今回の船体パーツは9号に引き続き、船尾の部分の追加パーツですね。

dan_aka9-10_008.jpg
鈴木:で、フレームの補強パーツがあるのでこれを忘れずに貼りつけていきます。
貼付け位置にズレがないように注意して貼りつけます。

dan_aka9-10_009.jpg



10号【その2:艦橋作り忘れパーツ】

鈴木:でもって作り忘れていたアンテナの輪っかパーツを作っていきます。

付属の丸い棒を治具として使えるので、手早く作れるかと思います。
形が出来上がったら、2つの輪を組み合わせて対応する箇所にのっけていきます……。

――接着剤が乾かない(´・ω・`)

岡D:あれ使わないの?

dan_aka9-10_012.jpg
鈴木:あー、そうだ!(゜Д゜)
忘れていた。『瞬間接着材硬化スプレー』を仕入れておいたんですよ。

これを一拭きするとあっという間に接着剤が硬化するんですよ。
では早速(^^


《シュッ!

岡D:くさっ!

鈴木:うわ、くっせ!

岡D:いやいやw(^^;
そういうノリじゃなくて

鈴木:今回使ってるのはアルテコの瞬間接着剤硬化スプレーなんですが、実はこれ超臭いんですよねー(`・ω・´;)b

岡D:先に言え(^^;

A:で、わっかのほうですが、説明書だと重なり合う部分があるのですが
嫌なのでかなる部分がないなくなるように切り出してあります。
こんな感じです。
dan_aka9-10_013.jpg



10号【その3:4.5m測距儀・サイドデッキ(左前)パーツ】

岡D:さて次に本来の10号の金属パーツですが、これも以前に作ったパーツに似てますね(^^;

dan_aka9-10_010.jpg
鈴木:いや、そうでもなさそうです。ひとまずバリ取りしていきます。


~5分後~

鈴木:バリ取り終了~。

dan_aka9-10_011.jpg
鈴木:パーツを接着したら今までのパーツも含めてまとめて塗装していきます。

岡D:改めて確認なのですが、塗装の工程は

①塗装準備
  ↓
②メタルプライマーを吹く
  ↓
③佐世保カラーを吹く

の順番ですよね?

dan_aka9-10_014.jpg
鈴木:そうです。
準備ができたらスプレーを吹いていきます。

dan_aka9-10_015.jpg

~60分後~
dan_aka9-10_016.jpg

鈴木:完成です(`・ω・´)

dan_aka9-10_017.jpg
岡D:お~ぉ(^^ いい感じになりましたね。
艦橋も懸念していた、塗装の厚ぼったさがあまりでてないですね。

鈴木:そこはスプレーの吹き加減と距離感の調整ですね。
これは繰り返しのトレーニングで身につけるしかないんですがね(´・ω・`)

岡D:ま、何にしてもGWの暑い中お疲れ様でした。




【今回使った道具】
dan_aka9-10_018.jpg
○タミヤ アートナイフ
○WAVE 3G瞬間接着剤(高強度タイプ)
○GSIクレオス メタルプライマー(スプレータイプ)
○タミヤ 佐瀬保海軍工廠グレイ(スプレータイプ)
○アルテコ PR-01瞬間接着剤硬化促進剤

○ポスカマーカー
○木工ボンド
○紙ヤスリ・240番
○金属ヤスリ・角

○金ヤスリ(1号付属)

連載:『赤城』をつくるぞ! | 【2010-05-14(Fri) 20:03:23】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。