担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
第6回目「航空母艦赤城」制作レビュー
6回目のこのレビューはリアルタイムで進行する。

事件は午後3時30分から午後4時30分にわたって起きた――。


PM 3:37
鈴木:とりあえず手すりパーツを接着し終えました。



岡D:ここからまた塗装ですね。

鈴木:はい。防雷具も一緒に塗装します。


PM 3:58
鈴木:塗装のしかたは前回と変りないです。

6号のブリスターの下敷きになっていたボール紙をつかってもOKですし、新聞紙などでもOKです。
これに両面テープなどで固定していきます。

準備ができたらサッとメタルプライマーを吹きます(`・ω・´)



岡D:一旦、乾燥待ちですね。

じゃ、僕はその間にエイリアン撮影準備しますね(^^


――エイリアン撮影中――

PM 4:15
岡D:そろそろメタルプライマー乾いたころじゃない?

鈴木:あー、そうかもですね。
とりあえず一旦、これ撮ってから様子見てきます。

岡D:あいよ(^^


PM 4:19
鈴木:乾いたかなー(^^
グレー吹いたらコンビニでも行こー、っと(゜∀゜)


PM 4:20
鈴木:……(゜∀゜;)


PM 4:21
鈴木::岡D、なんかパーツが大変なことになってます(゜∀゜;)

岡D:それよりさぁ~、面白いネタ思いついたんだけどちょっと手伝ってくんない?(^^

鈴木:まぁ、それはじゃあとで。
とりあえずパーツみてもらえます?(゜∀゜;;)

岡D:どうしたの?

鈴木:……(゜∀゜;;)
――みればわかります。









PM 1:35
鈴木:今回は最初に注意してほしい点があります(`・ω・´)
まず、説明書の確実にプラモ制作ではあり得ない箇所があんです。

岡D:といいますと?(`・ω・´;)

鈴木:手すりのエッチングパーツです。塗装してからの加工となっているんですが、やめてください(いろんな意味で)。
どう考えても塗装が剥がれます!(^^;

岡D:確かに剥がれますね(`・ω・´;)

鈴木:説明書でも曲げるときに「塗装が剥がれちゃんですよねーw」的なことが書いてあります。

それにあわせて筆で修正(レタッチ)していくと書いてあるのですが、
最初からそうなることが目にみえているなら、曲げてから塗装した方が断然楽です(`・ω・´#)

岡D:どの制作にしても、曲げるもしくは変形加工するもに対して先に塗装をするのは
あまり聞かないですね(^^;

鈴木:あとブリスターを剥がすときに手すりになるエッチングパーツを曲げないよう注意しましょう。




【その1:船体追加パーツ】

PM 1:40
鈴木:準備ができたところでパーツの確認から作業をはじめまーす。



岡D:はーい。まず木製パーツからですね。
今回のパーツは船体の中心にあたる部分なので補強パーツが追加されていますね。

鈴木:こんな感じで今号の船体パーツは終了です。




岡D:今回もパーツが少ないのさくさく進みますね(^^;



【その2:防雷具パーツ】

PM 1:48
鈴木:さて、次に防雷具などの作業していきます。



岡D:まずは、バリ取りですね。



鈴木:そうです。今回もパーツが細かくなっていますので『割り箸ヤスリ』を使います(`・ω・´)



鈴木:あとベースパーツなんですが、内側がゆるーく湾曲しているので平面の
金属ヤスリでは削れないです。こんな場合は、紙ヤスリを長方形に切りパーツに
沿ってやすっていきます。





岡D:無理に平たいヤスリを使うとパーツ全体の形が変わりそうですね。



鈴木:そうです。
あと1000番のヤスリだととても時間がかかるので『未来のホビーショップ』とよばれる
ダイソーなどの100円ショップで紙ヤスリを入手してもいいとおもいます。

岡D:へ~(・ω・)

鈴木:削る時の注意点は、前後にヤスリをかけるます。
左右にかけるとパーツのエッジを殺してしまうので注意が必要です。
ちなみに外側は、金属ヤスリを使っていきます。

岡D:ヤスリにも得意な場所と面があるのですね。
今回もバリ多いすね(^^;

鈴木:でもパーツ数が少ないから楽ですよ。
……といっても中途半端に組んだ箇所のバリ取りは面倒ですがね(^^;

岡D:加減してもパーツが曲がったりしそうですね(^^;




PM 2:15
鈴木:さて、次に組み立てにはいります。
説明書では「塗ってから」とあるのですが絶対にいやなので先に接着します。

岡D:ここのパーツの場所は説明書とにらめっこして場所確認しないといけませんね。
借り置きしたところにマーカーで印をつけてもいいですね。




鈴木:そうですね。
ひとつ上をいく方法としては、接着面にマーカーを塗るとやり方があります。

マーカーを塗ったら乾く前に素早くパーツを目的の箇所に貼りあわせます。
そうすると接着する面にマーカーのインクが移るので、これを目安に接着していきます(`・ω・´)



岡D:いいですね。この方法! 面白いです(゜∀゜)

鈴木:こんなもんですかね。





『その3艦橋追加パーツ』
岡D:手すりパーツは、長さを測るんですね。


PM 2:25
鈴木:まずは、説明書通りに左右どっちかの長さがちがうので端の長い方から切断していきます。
これは切り飛ばなささないように注意ですね(`・ω・´)

……定規で3ミリとかやめてほしい(・ω・`)



岡D:定規ついてないんですね。
単位はミリなら今使ってるカッターマットのメモリを使うと作業しやすそうですね。



鈴木:あ、そっか(・ω・`)作業しやすい。
さすがタミヤ!(゜∀゜)
ありがとうタミヤ!(゜∀゜)

岡D:これで少しは作業が楽になりそうですね(^^;


鈴木:少し長めにパーツができてるのでわずかに切り損なっても大丈夫かと思います。

あとは切り出したパーツがどのパーツになるのかちゃんとわかる様にしてください。



岡D:以外と、どれがどれだかわからなくなりましたもんね。



PM 2:40
岡D:ふと思ったんですけど、パーツを組んでから塗装するを繰り返すとどんどん塗装が厚くなっていきますよね?

鈴木:お、鋭いですね。
実はそうなんですよねー……(´・ω・`)うーん
作業の見直しが必要か……

岡D:先週のように一度「ペイントリムーバー」で溶かしますか?

鈴木:う~ん、どうしよう。
吹き直しをするなら、ハンドピースが使えれば細かい所までいけるんですけどね……。

とりあえず接着してから考えよう(´・ω・`)


岡D:手すりパーツは玉を折り曲げてそこを床に接着するんですね。
場所の位置決めがちょっと難しそうですね。

鈴木:そうですね。
まずは本体に合わせて曲げながら合わせていきます。

岡D:加減が大切ですね。
あと何か丸いものをを押し当てて形を整えるもの良よさそうですね。



岡D:それにしても、赤城を作っている人ってどれぐらいいるんだろう?

鈴木:え? なんですか?

岡D:これ買っている人って、興味があっても零戦の方を先に購入している人が多いんじゃないかなって。
その場合、さすがに『こっちまで手が出ないじゃないのかなー?』と(^^

鈴木:なんすか? 今更(^^;
その選択ミスったみたいな発言!?(`・ω・´;)

岡D:なんでもなーい(^^;



PM 2:56
鈴木:パーツ場所の確認ができたら位置を調節しながら接着していきます。





岡D:『2度付け法』ですね。
手すりの切り端になっている部分ってどうしたらいいんでしょう?

鈴木:切れ端になっている場所は基本、本体につく感じですね(・ω・`)





岡D:なるほど。
すでに組み上がっているパーツに干渉している箇所とかってありますか?

鈴木:ええ、いくつか干渉しています。
ここはうまく処理しましたがね!(゜Д゜)

そんなことより瞬間接着剤の硬化スプレーがほしい!
しかも手すりに超時間、持ってかれた!

PM 3:14
 ・
 ・
 ・
PM 3:37
鈴木:とりあえず手すりパーツを接着し終えました。



岡D:ここからまた塗装ですね。

鈴木:はい。防雷具も一緒に塗装します。


PM 3:58
鈴木:塗装のしかたは前回と変りないです。

6号のブリスターの下敷きになっていたボール紙をつかってもOKですし、新聞紙などでもOKです。
これに両面テープなどで固定していきます。

準備ができたらサッとメタルプライマーを吹きます(`・ω・´)



岡D:一旦、乾燥待ちですね。

じゃ、僕はその間にエイリアン撮影準備しますね(^^


――エイリアン撮影中――

PM 4:15
岡D:そろそろメタルプライマー乾いたころじゃない?

鈴木:あー、そうかもですね。
とりあえず一旦、これ撮ってから様子見てきます。

岡D:あいよ(^^


PM 4:19
鈴木:乾いたかなー(^^
グレー吹いたらコンビニでも行こー、っと(゜∀゜)


PM 4:20
鈴木:……(゜∀゜;)


PM 4:21
鈴木::岡D、なんかパーツが大変なことになってます(゜∀゜;)

岡D:それよりさぁ~、面白いネタ思いついたんだけどちょっと手伝ってくんない?(^^

鈴木:まぁ、それはじゃあとで。
とりあえずパーツみてもらえます?(゜∀゜;;)

岡D:どうしたの?

鈴木:……(゜∀゜;;)
――みればわかります。



PM 4:22
鈴木:これです――

岡D: ゜ ゜( Д )
なんでバラバラ? スプレー缶がたおれた?

鈴木:いや、スプレー缶ぐらいじゃ、ここまで破損はしないです。
――多分、ビルの補修工事のジジィに踏まれたっぽいです。

岡D:何!?

鈴木:あそこに犯人っぽい、オッサンがいるんですよね。
……よし


―(゜∀゜)―事後処理中につき割愛―(゜∀゜)―

PM 4:40
鈴木:まぁ、何だその――
置きっぱなしの俺らも悪いってことで(゜∀゜)

岡D:いや、でも一言、謝りあってもいいとは思わない?

鈴木:……もう終わったことなんで、次カバーしましょう(´-ω-`)作業するのは俺なんで……

岡D:しかたないか(´・ω・`)
バラバラになったパーツを回収するぞ!!

鈴木:はーい(・ω・`)


PM 4:45
岡D:で、どんな感じ? リカバリーできそう? 全部買い直ししなきゃダメぽい?



鈴木:ざっと見では部分的にヤラれてるだけっぽいですね。辛うじてですけど……(-ω-`)

とりあえず3号の窓のエッチングパーツと5号の信号灯とハシゴですね。
エッチング関係は全滅です……(^^;


岡D:5号の『信号灯』は、あれだけ苦労したのに……

鈴木:いや、苦労したのはオレなんですが(^^;

岡D:しかたがない。今回の作業はこれにていったん中止。
先に、3号と5号の在庫があるか書店にチェックしにいきましょう(・ω・`)

鈴木:了解です(^^;

岡D:次回は忙しくなりますね。
まぁ、今回は不本意ですけどここまでですね。本当にお疲れ様でした。

次回は、壊れたパーツのリカバリーと6号を作ることになりそうです。

連載:『赤城』をつくるぞ! | 【2010-04-16(Fri) 20:32:27】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。