担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ユニコーンガンダム!
今回の更新は『ユニコーンガンダム特集』の際にわたくし鈴木が作成した、HGUCユニコーンガンダムの作例紹介です!



【使用キット】
○バンダイ HGUC 1/144 ユニコーンガンダム・デストロイモード






まずは全体ビューから。
基本的なプロポーションは優秀なので作業としては基本的な面出しと情報量の追加を重点的に行なっています。



リアビュー。



まずはバストショットから。
ディテールの変更点としては頭部とコックピットブロック、肩装甲です。

頭部はフェイスの形状が面長だったので、アゴのラインを削りガンダムMK-Ⅱのような印象に近づけています。
またミミや頬当にあたる部分を1mm程度幅増しし、長すぎるアンテナを2mmほど削って全体の印象が丸くなるように調整しています。

ツインアイについては奥行きが深いのでメタリックシールなどで対応するべきなのですが、今回は省略しています。



胸部はコックピットブロックを中心に細かい凹凸を加えてアレンジしています。
あわせてスジ彫りを深く彫り込んで、装甲が展開している状態にありながらパーツの密集感を上げています。



肩の装甲は全体的に四角いイメージがったので、パーツ構成を変更して三角形になるように調整しています。


バックショット。

頭部は後頭部にもディテールの追加を施しています。

バックパックは展開した状態のブースター位置が個人的にはありえない位置だと感じたので、パーツを切り取りプラ板で幅増しして接続位置と向きを変更しています。
それ以外のディテールについてはキットのまま。




腕。

基本的なディテールはキットのまま。
ただし、付属のハンドパーツだと見栄えが悪いので、握り拳に改造。




脚。

脚はもっともパーツの密度が高く、面が複雑なので全体の印象を損なわない程度にディテールの追加をしています。



凸ディテールについては、デカールを貼るバランスを考え部分的に抑えています。
そのかわりにパーツ数が増えているようなディテールラインを追加し情報量を上げています。






武器などに関してはほぼキットのまま。ビームマグナムなどの塗り分けは今回の作例では省略しています。








【カラーリングデータ】(すべてGSIクレオスカラー)
○本体(ホワイト1)
・下地1:C2 ブラック(100%)
・下地2:廃番 メッキシルバー(100%)
・コート:C151 ホワイトパール(40%)+ GX1 ホワイト(60%)

○アンテナ(ホワイト2)
・GX1 ホワイト(100%)

○関節・フレーム(グレー1)
・GX1 ホワイト(50%)+ C2 ブラック(50%)

○ソール・バックパック(グレー2)
・GX1 ホワイト(50%)+ C2 ブラック(40%)+ C5 ブルー(10%)

○トップコート
・GX100 スーパークリアーⅢ → デカール貼った後、再コート
・C182 スーパークリアー・つや消し(仕上げ)


なお今回は墨入れは一切していません。スジ彫りと塗装のみで演出しています。
またデカールについては専用のものが入手できなかったので、他社製のものをかき集めて使用しています。



以下2枚は岡Dとの共同写真です。







以上、ユニコーンガンダムの作例でした。
今回は1ヵ月のスケジュールを設けてもらったのですがシーズン特有のトラブルにあうなど、作例にいたってはあまり運がないようです(^^;

それでも自分なりにベストな形に持っていけたと思うのですが、やはり充分に満足できるというわけではないのが正直なところです(´・ω・`)
機会があれば、再度このキットのリベンジなどできればと思います。


ユニコーンに限らず今後も特集に合わせて作例を展開していきますので、どうぞお楽しみに!







ユニコーンガンダム | 【2010-03-11(Thu) 22:13:26】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。