担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
「週刊航空母艦 赤城を作る」第59、60、61号 
みなさん、こんばんは!!番組ディレクターの岡Dです!!
今回は、約3ヶ月ぶりの赤城のブログです!

この3ヶ月の間に『おもちゃショー』や『ブルーレディオの新番組の準備』など
猛烈に忙しい中、少しづつちまちま作っていました赤城。
やっと、作業的にもひど段落したので掲載を再開したと思います。

作業的にはなんと、今年2012年の新年1回目の赤城作業からになります。
この作業で、この半年間に及ぶ長い作業になる事件がおこりました…

IMG_4008.jpg

この日の作業は、59号からスタート!
新年早々いきなり鈴木君の1時間半の遅刻からスタートOTL



というわけで、気を取り直してから59号の作業をスタート!!
作業は、機雷よけコードの設置の続きです。

前号の機雷よけコードは船首から船体中央の少し先までやってあるので
今回は船尾が中心です。なので前号同様、ラジオペンチで細かな細工部分から
作りデザインナイフで切断後、船尾に合わせながら瞬間接着剤で固定。
船首、船尾中央の機雷よけも設置。ここまでは特に問題はない。

IMG_4076.jpgIMG_4077.jpg

問題が起こったのは、続いて60,61号。<艦首中甲板と艦尾下部甲板を作る。>
IMG_4035.jpg

一見、簡単な作業なはずなのですが、この2枚の板をそれぞれ
艦首中甲板と艦尾下部甲板に差し込み固定後に作り込むと、
説明書には書かれていて
それはもちろん塗装したあとに差し込んでいくものなのです。。
僕たちは、船体全体の塗装を最後にまとめてする方法を選んでいるため
このパーツを貼るためには一度船首格納庫を取り外しをしなければ
行けないのですが、そんなこと少しも考えなく隙間をふさいで完全接着済み
なのです!!

ちなみにこちら艦首が側の写真ですが、
IMG_3571.jpg
もし、塗装をせずに艦首中甲板を接着すると塗装は困難を極める形になります。
エッチングパーツだし。。
鈴木君は『デカ過ぎるからエッチングパーツじゃない!キリ)』っていた。
さて、どうしたのかと写真を撮っていると鈴木君が…

それをいきなりバキバキ壊すのでびっくり。。。。
IMG_4039.jpgIMG_4041.jpg

鈴木君いわく。
『どのみち、きちんと塗装するなら、着脱式に改修しておいた方が塗装のとき
楽なはずなのでとります。』とのこと。 
さすがに、ポロっと簡単にとれるはずもなくかなり緊張した中で外しました。

IMG_4043.jpg

壊れた感じはこちら
IMG_4051.jpgIMG_4056.jpg
IMG_451214B.jpg
なんだか、すっきりした感じになりました。はがした部分をヤスリなどで
一度平にならしてパテ盛りの土台を作りました。

そして艦首中甲板と艦尾下部甲板を設置後、細かい位置修正とはみ出した
箇所をデザインナイフで削り。船首の溝に合わせて固定。 
ちなみこの溝なんのみぞなのか不明まま。62号の作業へ
IMG_4066.jpg
艦首中甲板の艤装で錨を付けるリールホールを設置。
IMG_4068.jpgIMG_4065.jpg

まずは、リールホールのバリ取り後設置し今回の作業は終了。
今回、はがした艦首格納庫の改修作業が6月までかかるとは
この時は思もよりませんでした。

というわけで、今回はここまで!!
次回もなるべく早く更新します!!~ではでは(⌒0⌒)/


連載:『赤城』をつくるぞ! | 【2012-07-06(Fri) 21:34:38】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。