担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
「週刊航空母艦 赤城を作る」第54、55、56回制作レビュー2
みなさん、こんばんは!!番組ディレクターの岡Dです!!
さて、週刊航空母艦 赤城を作るお時間です。
この週刊赤城もついに、今週100号目が発売されました。
まさか、こんなに遅れているとは思わなかったのですが・・・<( " O " )>
まぁ、焦っても仕方ないので気長に自分達のペースでゆっくりと
作っていきますのでお付き合いただければ幸いです。

さて今週は先週に引き続き、船体の隙間を埋めてサフ吹きをしていきます。
まず、Mr.SSP (瞬間接着パテ) を混ぜた塗料をつかって細かい隙間や
凹みを埋めていきます。
IMG_2071.jpg IMG_2072.jpg
この写真だけ見ていると何かの危ない実験しているみたいだな~



さてさて、前回作った両側面、スクリューシャフト、船尾甲板のパテを削り、
塗っていきます。ちなみに、鈴木君曰く「塗料の配合は適当~」だそうです。
IMG_2077.jpgIMG_2094.jpg
IMG_2101.jpgIMG_2110.jpg
IMG_2114.jpgIMG_2119.jpg
船尾スリューシャフトから順に紙ヤスリ100番でパーツ面の確認。
01.jpg
確認後に水磨ぎに切り替えてみました。船体が木なのだが、何十にも下塗りで
コートしたからそれほど水はすわない印象的でした。
また水磨ぎした所が、あっという間に様に「つるつる」にな手触りになり
改めて水の力すごい思いました。
03.jpg
その後、一度目のサフ吹き~
04.jpg05.jpg
厚めにサフを吹き、たっぷり1時間ほど乾燥。
06.jpg07.jpg
乾燥後、再度紙ヤスりで削り。船体側面線やスクリューシャフト部分、
喫水上の部分を中心に水磨ぎ。
09.jpg10.jpg
2度目のサフ吹き~
今度は、削った部分を中心に今度は、薄めに吹く。
11.jpg12.jpg
この時点で1本なくなりそう(涙
※今回は、タミヤスーパーサーフェイサー L (グレイ)を使っています。
14.jpg16.jpg
15.jpg18.jpg
出来上がりはこんなかんじ。

今後の塗装のプランとしては、以前番組で制作した『駆逐艦・雪風』同様、
ウォッシング等で汚し塗装をしていく予定です。目指すは最終戦の沈む前に
なると思います。きれいに作るのは、大変難しいしたくさんの人がやっているので
僕たちは僕らならではの「空母・赤城」を作っていけたらいいな~
と思っております。(作るのは鈴木君ですが…)

長文になりましたが本日はここまで~ではでは(⌒0⌒)/
連載:『赤城』をつくるぞ! | 【2012-01-28(Sat) 21:29:45】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。