担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
思いつきで
やってみたすずきでございます。

「何が?」って話ですが、以前紹介した『ポップスター』の実使用動画をつくってみたわけです。

それがこちら。
[広告] VPS



恥ずかしながら大した技をやってるわけでもないので、お見苦しいかもしれませんが使用感が少しでも伝わればとお思います。



さて、ここからが今日の本題になります。

【今日のアイテム】


○マツイ・ゲーミング・マシーン コカコーラヨーヨー・クラシック 1980s







今回これを取り上げた理由は、2009verからリニューアルされたからというわけではありません!
昨今、ヨーヨーがまた新たな進化の兆しを見せていますが、コカコーラヨーヨーも黙っているわけではないようです。

すでにご存じの方も多いと思いますが、ついにコカコーラヨーヨーにボールベアリングが搭載されたのです。


クラシックの名とそのボディ色から、当時のコーラ瓶のイメージを盛り込んだデザインであることが伺えます。


スペックは以下のとおり。

★直径 55.3mm
★本体幅 41.3mm
★トラピーズ有効幅 40mm
★重さ 46.2g
(Yo-Yo Store REWINDの情報を参考にさせていただきました)


2009verと比較する形状がラウンドバタフライに変更されており、より高度なトリックに挑戦することができます。



分解してみるとこんな感じです。


ヨーヨーJAMのヨーヨーの機構によく似ています。
(右側の黒い比較用がヨーヨーJAM製のリン・フューリー)


大きな違いがあるとすれば、以下の2点くらい。

・デフォルトのベアリングの幅と内径が狭い
・レスポンスパッドがオリジナル(Kパッドぐらいがサイズとして適当?)



実際の使用感としては、2009verとは比べものにならないくらいしっかりと使えるヨーヨーになっています。
正直、軽さが気になりますが、遊び程度に使う分には問題ないかと思われます。ベアリング搭載で990円という手頃さも魅力ですw

またウエイトを追加するにしてもキャップ内部にひっかかりがないので、改造する際はなにかアイディアを出す必要があるかと思われます。


それと個人的に気になったのはアクセルが意外としっかりしていること。

本体が軽いので落下時の衝撃がそれなりに小さいことを考えると本体寿命も長いはずです。
そんなことをいいことに「もしかしたらオフストリングいけるんじゃね? ベアリング幅狭いし」と余計な思いつきをしてしまったので実際に試してみました。

[広告] VPS


まぁ、これも大した技じゃないですが軽さの影響でトリックが浮いた感じになってしまいます。むー(`・ω・´;

ですが色々と可能性を模索してみるのもまたヨーヨーの楽しみ方のひとつだと考えているので、コカコーラヨーヨーでオフストリングに挑戦するのもありかと(^^;


モノ自体は悪いものではないので、スピナーならひとつ持っていても損はないアイテムだと思います。

飛び出しレビュー | 【2010-12-11(Sat) 19:00:48】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。