担当:すずき
よく身の回りに謎の現象が起きるすずきでございます。
ブログはときどき岡Dが更新してくれたりします。


管理画面
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
飛び出しレビュー2『バスターオプティマスプライム』
【タカラトミー トランスフォーマー・リベンジ RA-24 バスターオプティマスプライム】

第2回目はタカラトミーよりバスターオプティマスプライムです。
これは昨年9月に発売された通常版のリーダークラス「オプティマス・プライム」の豪華仕様版です。

第1回目とまったく毛色の違う感じですが、どちらも豪華仕様版ということで共通点はあるにはあります(^^;



リベンジverのオプティマスですが、発売当初から抜群の完成度で話題を呼んでいたことを覚えています。まさに玩具でもリベンジを果たした結果となったわけです。
映画第三期の期待も高まりますが、次にリリースされるであろうオプティマスがどのように進化するのか非常に楽しみです。


さて、今回のバスターオプティマスでは主に塗装面で通常版のものをランクアップさせています。

基本としてグレーの箇所はシルバーに塗装され、グリルなどの要所にメッキ処理を施しています。
それ以外にも細かい塗装箇所の見直しや、ファイヤーパターンの塗装も追加され劇中のイメージにより近くなっています。特にビークルモード時のピータビルドの存在感は劇中さながらのものがあります。

また本体そのものにも仕様変更が見られ、大きな見どころとしては背中のタンクパーツを劇中通りバスターキャノンに変形させることができると言うところです。さらに細部を見ていくとバトルマスクがオープン状態になっていたり、エナジーソードがクリヤーパーツに変更されていたりと劇中のイメージを追及したクオリティとなっています。




まずはビークルモードから。
基本的な仕様については通常版と変りないです。


全体的な塗装の見直しによってほぼ劇中通りのイメージになっています。
特にフロントグリルのメッキ化はやや厚ぼったい感じもしますが、印象を大きく変えています。




通常版との比較。
手前がバスターオプティマス、奥が通常版。

細かいところまで色分けが行き届いており、実車(実写)を意識した配色であることがわかります。通常版がテストショットに思えてしまうくらいに完成度が高いですね(^^;
またファイヤーパターンをハッキリとさせるために白で縁取りしているのもポイントです。


トランスフォーム。



変形パターンも通常版と変わらず、油断すると『I'm Optimus Prime』と食い気味で主張してきます。
変形ギミックについてはここでは省略します。


通常版との比較。
左がバスターオプティマス、右が通常版。

塗装による情報量が増えスケールモデルのような迫力があります。
また密度も増え引き締まった印象を受けます。


バスターオプティマスではバトルマスクをオープンにした状態にフェイスの形状が変更されています。


TFリベンジではバトルマスクが破壊されるほどの激戦でほとんど顔を露出している印象が強かったため、そこに合わせたという意図も合ったのではないでしょうか(^^


通常版ではバトルマスクを閉じた状態になっています。



エナジーソードはクリア成型。

ガイド部にはシルバーで塗装が施されています。

通常版では塗装によりオレンジ一色で表現されているのでやや厚ぼったい感じがあります。



さて、今回の見所でもあるバスターキャノンです。
バスターキャノンは左右のタンクを変形合体させて形を作ります。



以下、バスターキャノンへの変形シークエンスです。
まずはAパーツ。






Bパーツ。





さらにAとBをあわせて、


バスターキャノンの完成です(`・ω・´)



装着するとこんな感じ。



タンクがないとかなりすっきりした背中になります。




変形機構上、腰に可動軸がないのでポーズに制限はありますが通常版と同じようにアクションポーズをとることができます。


塗装面のおかげで関節が若干キツメ?(^^; 基本的な動作には支障ないですけどね。



もちろんジェットファイヤーとの合体も可能です。
(ここでの合体は公式のものではなく、ネットなどで公開されているファン合体を見栄え優先で調整しています)

通常版よりも雰囲気はありますが、やはり劇中のような密度の高い合体をさせたいですね(^^;



以上、バスターオプティマスプライムのレビューでした。


豪華版としては申し分ないボリュームだと思います。

また1アイテムで武器の変形収納ができるのは、トランスフォーマーのアイテムとして非常に大きい魅力であり時期のアイテムへの期待にもつながるのではないでしょうか?

できればタンク1つだけでキャノンを再現して欲しかった気もしますが、まぁそれはそれで(^^;ということで。


飛び出しレビュー | 【2010-01-19(Tue) 21:17:26】
Trackback(-) | Comments(-)
すずきついったー

虫圭 < > Reload

Blue-Radio番組表
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。